公務員は住宅ローン等の優遇がすごいらしい

キャッシングベスト3

公務員の住宅ローンやカードローン優遇があるって本当ですか?

公務員って日本ではすごい恵まれているなぁっていうのは感じています。公務員の友人がいますけれども、生活が安定していて羨ましいです。非正規雇用の友人もいますが、ほんとに格差を感じています。そんな公務員ってそういう給料とか仕事以外でも優遇されているって聞きました。

例えば住宅ローンとかカードローンでも優遇されるみたいなんですけれども、どういう特典があるんでしょうか。すごい優遇されるんだったら、ほんとに羨ましい限りです…

住宅ローンとカードローンでは2割ほど優遇される

公務員が日本では最強の職業だ、とネット上でも言われるくらい優遇されているわけですが、これは給料だけではなく確かに住宅ローンやカードローンなど、一般的な平均の企業にいる人と比べると2割くらいは優遇されていると考えられるでしょう。2割は平均ですから、かなり優遇されている人もいると考えられます。

例えば住宅ローンで言えば、住宅ローンの審査が通りやすくなります。住宅ローンは安定して支払いが長年出来る人ほど審査に通りやすくなるものですから、公務員はそれに適しているといえるでしょ。公務員は住宅ローンでの審査が通りやすく、かつ大きな金額のローンを組むことができるようになるのは大きなメリットだといえるでしょう。

加えて住宅ローンだけではなくカードローンでも有利になっています。実は地方銀行などには公務員の人たちだけが借り入れできる、特別な商品があったりします。地方ほど公務員の人が多いですから、いいお客さんなのでしょう。かなり低い金利で借り入れできるし、借入金額もそこそこ高いので借りやすいのです。普段、消費者金融で高い金利を払っている人が見たら、怒りだすかもしれません。

そんな住宅ローンでもカードローンでも公務員の優遇というのはあります。おかしいと思うかもしれませんが、日本で大企業以上の安定している職業ですから、これは仕方ありません。給料も大企業レベルですし、嫌々かも知れませんが優遇されたいのであれば自分たちも公務員になるしかないでしょうね。

住宅ローンは公務員に優遇されているケースあり

住宅ローンを組むときには、長期的な返済になりますので安定した収入がある公務員が優遇されがちです。例えば、金利が通常よりも低かったり、融資できる金額が高くなるなどのメリットがありますので、住宅を建てるときに非常に恩恵を受けられます。一方で、民間の企業に勤めている人や自営業者の場合、売り上げによっては収入に大きな変化が見られます。そのため、住宅ローンを利用しても、金利が高くなったり希望するだけの金額が借りられないこともあります。

このようなときには、カードローンなどの無担保の小口融資を利用するのもおすすめです。公務員の恩恵が大きいような借入に比べてあまり不公平のないシステムとなっており、利用者の職業はほとんど重視せず、安定した収入があれば何も担保に入れずに保証人もたてず、借入れをすることが可能になっています。融資スピードも早く、一部の消費者金融の中には即日融資が可能なところもあります。利息は日割り計算をしますので、すぐに返済すればそれほど大きな負担にはなりません。もちろん、繰り上げ返済のための手続きや費用などは一切不要ですので、気軽に利用できます。

カードローンをどのように利用するかというと、ローンで十分な借り入れができなかったときなどの補てんとして利用します。住宅を購入すると、売買代金だけでなく、登記費用や印紙代、不動産取得税、固定資産税などのまとまった出費がかなりあります。ローンで十分な金額を借りられない時には、その都度カードローンで不足した部分を借り入れるようにすると、手続きを滞りなく進めることができます。ただし、住宅のローンは審査が厳しくなっていますので、カードローンの申し込みをするのは、無事にローンの融資を受けることができてからにしましょう。ただ、借金があるのは審査でマイナスポイントとなりますので、融資を受けやすい業者をあらかじめ口コミサイトなどで探しておくと良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ≪疑問払拭!≫ローンと融資の違い?わからない人の為の金融紹介 All Rights Reserved.