初めてのローン借り入れなので不安が多い

キャッシングベスト3

初めて消費者金融のローンを使うので不安だらけです…

初めてのローンなのですけれども、不安でたまりません。皆さん利用されている方は、消費者金融などを使うときには不安にならなかったのでしょうか。私としてはみなさんがこの不安をどうやって乗り越えて借り入れをうまく使えるようになったのかを教えて欲しいです。

いろいろな噂を借りると決めてからは聞いています。この借入のうわさ本当なんでしょうか

不安になるローンのウワサはだいたいが古くなっている!

初めて消費者金融を使うときには不安になるというのは仕方ないことですから、気にしなくていいでしょうけれどもウワサについてはほとんどもう昔の話で今は通用しないものばかりと思っていいでしょう。昔であれば通用するような話ですから、昭和の時代は気をつけておいたほうが良かったかもしれませんが、21世紀の今は大丈夫です。

今どきでも昔ながらの消費者金融やカードローンのウワサというのがあるのは本当です。しかしこの噂が真実かというと今となっては嘘でしょう。例えば金利がすごいついてそれが雪だるま式に増えていって借り入れの返済だけで四苦八苦してしまうというものですが、これは今ではもうないと思っていいでしょう。借入の制限もありますし金利も制限されている時代です。

また怖い人からの電話がかかってきたり、返済しないからといたずらをされたり嫌がらせをしたりされるという話も、今ではかなり厳しい罰則をもった犯罪となっているのでやってくるような業者は余程の闇金でもありません。電話口で怖い思いをすることも登録業者であればまずないので不安に思わなくても大丈夫です。

こう考えると「借入はしやすくなったなぁ」と思うでしょう。確かに裏社会の力などがあまり関わらなくなっているかもしれませんが、逆に言えば法律の力が強くなっているということもあります。法律が強くなれば、借り入れを返済しなければ裁判所の命令で差し押さえになったりするのです。これはかなり厳しいですし、こちらは容赦がありません。

昔のほうが人間臭かったかもしれないという人もいます。まぁ初めて使う人にとって見れば今のほうがいいのかもしれませんが。

カードローンで不安に感じることは何一つない

カードローンで不安を感じることは何一つありません。そもそも、カードローンのようなキャッシングのサービスと言うのは、少額融資のサービスになっていますので、融資に関する危険性がほとんどないのです。大手の金融機関のように多額のお金を融資するのならば確かに融資の契約に関して一定のリスクが伴うのですが、お金を借りる消費者に負担のないキャッシングでは安心して融資を受け取ることができます。

また、キャッシングには他の融資のサービスでは適用されない法律が適用されるようになっています。この法律の事を総量規制と言います。総量規制というのは、簡単に言うと融資の枠に関する規制の事を言います。キャッシングが少額融資とは言え、むやみに融資を認めては融資の契約に関する債務者と債権者の負担が大きくなってしまうので、法律によって最初からその負担を軽減するための処置が取られているのです。

そのため、最初から安全にキャッシングのサービスを利用することができるようになっています。これは、キャッシングの審査の内容を見れば一目瞭然にわかることだと言えます。本来、お金を借りるときには厳しい審査をしてからお金を融資してもらうことになるのですが、法律上でも安全面が担保されているキャッシングではそもそも審査を厳しくする必要がないのです。

実際、カードローンのような審査は無人の契約機でも審査の判断が出来るほどの簡易的なものしか用意されていませんし、融資に関する適性に関しても非常に柔軟で、学生やパートであっても気軽に申請することができるようになっています。また、必要な書類もほとんどなく、自身の身分を証明する審査以外は全て口頭の審査で行なわれると言っても過言ではありません。

このように、キャッシングはサービス全般において不安に感じることは何もなく、むしろ消費者にとってこれほど安全面の高いサービスは存在しないと言っても過言ではないのです。気軽に申請をすることができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ≪疑問払拭!≫ローンと融資の違い?わからない人の為の金融紹介 All Rights Reserved.