借りやすいローンを探しているという人へ

キャッシングベスト3

収入が少ないので借りやすいローンを探しています

私の会社は若い頃はすごい給料が安くて、それこそアルバイトかっていうくらいになっているんです。でも3年目の先輩に話を聞くと3年目でどんと給料が月額5万円くらい上がるらしいのでそれまで我慢しています。でも収入が少ないので借り入れをしなければいけない時もあります。

そこで借り入れをするために借りやすいローンを探しています。借りやすいローンであれば、私のような収入が低い場合でも審査に通るんじゃないかと思うんです。一般的に大企業は難しいって言われていますが、有名な業者で借りやすいローンってあるんでしょうか。

借りやすいローンはネット系の銀行系カードローンがいい

収入が少ないと返済できないとみなされて、借入が難しくなるのは仰るとおりですけれども、その時に借り入れをするのであればやはり消費者金融はネット系の銀行系カードローンがいいんじゃないかと思います。銀行系カードローンのほうがどちらかと言うと消費者金融よりも、正社員に対してやさしいですし、何よりもネット系のものであれば、かなり借入をしやすいでしょう。

もちろん消費者金融でも特に問題はないのですが、消費者金融よりも条件がいいであろうネット系のローンがいいと思います。例えば大手のスーパーが銀行に進出した時にカードローンも販売することになったのですが、こちらは主婦ですらもかなり低い金利で借り入れができるということで話題になりました。こういう業者を使うと、新入社員でも借り入れやすいのではないかと思います。

また元々は消費者金融や不動産投資などをしていたような業者も、カードローンが柔軟です。こちらの場合は借入金利は少し高めかもしれませんが、審査は緩めで借りやすいでしょう。そして何よりも大きな極度額がポイントになっています。借入金額が大きい方がいい人にはオススメです。

また地方銀行にはミニカードローンというものがあり、こちらも借りやすいローンです。借り入れをしたいのであれば、ミニカードローンが最も借りやすいですが、名前のとおり借入金額は小さめになっていますので要注意です。少額だけでいい人にはお勧めです。

近年の借りやすいカードローン事情について

近年のカードローン事情は本当に変わってきています。平成17年にあった貸金業法の改正により、年利も15~20%以内に制限されましたので、いわゆるグレーゾーン金利と言われるものはもうありません。以前は、年利が積もり積もってしまい、普通のサラリーマンでは到底返済しきれないような額に膨らんでいくこともありましたが、今の時代は、法改正等によりそのような事態に陥ることはありません。とはいえ、まだまだ借りやすいというイメージは定着しているとは言えない現状です。

現在のカードローンは、年収との兼ね合いによる、総量規制の問題で、審査基準が若干厳しくなってきたとはいえますが、しっかり収入があるのであれば審査自体はとても迅速です。場合によっては、その日のうちに借り入れをすることもできますし、少額での借り入れもできますので、ちょっとお金に困ってしまったときには利用をお勧めします。今月は、やたらと友人の結婚式が多いとか、仕事のお付き合いの関係上どうしても費用がかさんでしまったとか、さまざまな事情が想定されるところではありますが、その審査の早さと少額融資も可能という観点からみても、とても有用であるといえます。

さらに、近年では同月内であれば、金利はとらない等の無金利サービスを行っているクレジット会社も多く、より一層借りやすいイメージの定着が進んでいます。さらなる特典として、利用をすればカード内にポイントがたまり、そのポイント使って商品券や図書券等、今ではだいぶ流通してきたスマートフォン端末で現金と同じように使用できる、ギフトカードへの交換もできるようになっていたりします。

数年前なんかは、借金なんてするものじゃない、というイメージがかなり強かった時代です。しかしながら、現在このように、とてもクリーンで何よりも借りやすいという点に着目をすれば、かなり過去のイメージを払拭するものになっています。うまく利用して、より快適な日常生活を過ごせるように、利用できるものはうまく利用していく時代になってきてると言えます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ≪疑問払拭!≫ローンと融資の違い?わからない人の為の金融紹介 All Rights Reserved.