住宅ローンで言うローンと融資の違いを教えてください

今、家を建てようと考えているところです。それで、休みの日にはいろいろ調べたりモデルルームに行ったりしているのですが、家を現金で買うことなんてとてもできないので、住宅ローンを利用するつもりです。住宅ローンってたくさんの種類がありますし、金利の決め方が違ったり難しく感じることがたくさんあります。

その中でもよくわからなかったのが、借りる先によってローンと融資という言葉が出てくることです。どちらも同じことだと私は思っていたのですが、そうではないのでしょうか。だとしたら、住宅ローンで言うローンと融資の違いを教えて下さい。

借入先が民間企業なら住宅ローン、団体なら機構融資と言います

そうね、同じように家を買うためにお金を借りるのでも、いろいろな方法があるものね。家を買うためにお金を借りると言うと、おそらくほとんどの人は銀行などの民間企業が提供している商品である住宅ローンを思い浮かべるんじゃないかと思うのよね。

住宅ローンと一言で言ってもその内容は様々で、金利タイプもいくつか存在するわ。代表的なのが固定金利制と変動金利制ね。固定金利制は金利が固定されているもので、変動金利制は金融情勢によって適応される金利が変わるものよ。それから、一定期間は固定金利でその後選択できるというような、二つが混ざったタイプのようなものも存在しているのよ。だから、選択の幅はかなり広いわね。

それから、民間の住宅ローンは審査に通れば誰でも利用することができるわ。ただし、機構融資を選んだ場合よりも、返済能力があるかどうかを見られる審査は厳しくなっていると言われているのよ。

それに対して、住宅金融支援機構などの団体から融資を受ける機構融資は、まずは勤務先の会社で財形貯蓄をしていることが利用の条件となっていて、そういう形での融資は財形住宅融資と呼ばれるの。つまり、財形貯蓄をしていない人は利用できないということね。それから、財形貯蓄をしている期間や残高も利用できるかどうかに関係してくるわ。でも、利用できる人が限られている分、返済能力を見る審査の基準は民間の住宅ローンに比べると甘めなのよ。

それから財形住宅融資の場合、金利タイプは5年間は金利が一定で、5年経つごとに金利が変更される、固定金利制に統一されているの。民間の住宅ローンのように自由度は無いけれど、その分迷うことはいらないわね。あと、民間の住宅ローンの場合、申し込んだときの金利は低くても、融資が実行された日の金利が適応されるから読みづらいところがあるんだけど、財形住宅融資は申し込み日の金利になるからわかりやすいのよ。

そして、財形住宅融資の場合、買おうとしている住宅に決められた規定があって、それを満たしていないと融資を受けることができないのよ。民間の住宅ローンは、財形住宅融資に比べると建物に対する基準はそれほど厳しくは無いわね。住宅ローンと機構融資には、今見てきたような違いがあるものなのよ。

ローンと融資の違いについて明確に案内していきます

ローンと融資の違いですが、わかりやすく言うとローンというのは「リボルビング払い」を方式としているものです。なので、ローンをされる際にすべて1回払いとなっているケースは全くありません。カードローン、キャッシング、クレジットカードでも指定回数で支払いを行っていくというふうになっています。それに対して、融資の場合には定められた月数で支払をするというふうに定まっているのです。

ローンの場合は、長期であれば36回払いや60回払いなどがあったりしますが、融資の場合には長期では5年以上でもOKとなっていますので、ローンより良い点は「高額で借入をしていてもゆっくりと返済ができる」点です。もう1つは、融資を受ける銀行によっては「金利面の優遇」が発生する点です。近年では、マイカーローンや不動産ローンであれば金利面の優遇が発生しやすくなっています。

次に、ローンと融資の審査の違いですが、ローンについては簡易的な方法で審査をされているケースが多いです。具体例で比較すると、「融資の場合は収入証明書(直近2ヶ月分)」が必要となっているのに対して、ローンでは「収入証明書不要」となっており非常にサッパリしています。また、カードローンというのは個人向けの小口融資となっておりますので、実をいうと保証人不要な点でも融資より勝っていたりするのです。また、融資であれば借りられる金額が極端に多いわけではなく、「金融商品による」というふうになっていたりもします。

私はこんな理由で借りました!

ネットからお金が借りれるなんて!

自分はこういう分野のことには無知で、業者からのお金の借り方もこれまで全く知らずにいました。ところが先だって急に帰省することになり、遠路なので旅費が用意できず困ったことがあったんです。

周囲にもお願いできるような人もおらず、必要に迫られてネットで検索してみました。初めての金融業者のサイトですが、名前も知っている有名業者ならば安心だろうとそこに決めました。今はサイトから直接申込みできるようになってるんですね!

驚きながら手続きしましたが、指示通りにやればすぐでした。ネットでこんなに手軽にお金が借りれるとは思わなかったです。急いでたんで助かりました!

お金かかる婚活のために利用しました

そろそろ田舎の親も口うるさくなってきたので、重い腰を上げて婚活をすることにしました。それで思い切って婚活サイトに登録したんです。しかしこれが結構お金がかかるんですよ。

2つのサイトに登録したのですが、年会費制と月会費制で、年会費制の方をキャッシングで借りて支払いました。でも月会費制のサイトもこの他にパーティー代とかもかかりますし、これが続くとなると、かなり経済的にピンチになりそうです。

なのでこれからも続く婚活生活には、キャッシングを利用して頑張りたいと思います。仕事で忙しくても、コンビニでいつでも借りられるのが助かりますね。無理のないキャッシングの範囲内で、良い結婚相手が見つかることを願ってます。

お金借りるのがこんなに簡単なんて!

仕事柄、普段使いとは別に仕事用の携帯電話を持っています。この仕事用携帯のほうの料金は家計ではなく自分のお金から出しているのですが、先月は使いすぎてしまって予定より支払額が多くなってしまったんです。

けっこうギリギリのところでやりくりしているので携帯料金を支払うと、ちょっと金銭的に厳しくなってしまいます。それでいろいろ考えて、キャッシングでオーバーした分を借りて支払うことを思いつきました。とはいえキャッシングの利用は初めてだったので、不安がないわけではありませんでした。

でも思い切って申し込みをしてみたら、思ったよりもずっと簡単な手続きであっという間にお金が借りられたんです。お金を借りるのがこんなに簡単だなんて知りませんでした。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2016 ≪疑問払拭!≫ローンと融資の違い?わからない人の為の金融紹介 All Rights Reserved.